事業内容

鴎来堂は校正・校閲の会社です。

鴎来堂は神楽坂に事務所を構える校正・校閲の専門会社です。
僕たちは編集業務の中の「校正・校閲」に特化した、しかも仕事の9割は「書籍」を扱うというちょっとめずらしい会社なんです。
会社自体とても若くて、設立は2006年の1月。そしてスタッフもやっぱり若く、平均年齢は34.2歳。ベテランから新人までみな個性的ですが、全員「本を作ることが好き」という理由で鴎来堂に集まりました。
「校正・校閲が手を抜くといい本は出来ない」とうぬぼれて、やっといろいろな版元さんに認めてもらえるようになってきました。

ほかにもこんなことができるんです MENUを開く

鴎来堂は校正・校閲の技術を主軸として、出版制作の流れを一元化していきます。

かもめ校正塾

校正・校閲というすごい技術をもっともっと世の中の人に知っていただきたい!
鴎来堂は若い校正者の育成を通じて、出版の裾野を広げていこうと思っています。
「かもめ校正塾」は商業印刷・雑誌・(新聞などの)メディア・ウェブ、各媒体の校正経験者に書籍校正・校閲の知識と技術を覚えてもらおうと設立したものです。各媒体とも目的は「まちがいを見つける」というものですが、〆切のスピード感や、そもそも「まちがい」に関する概念が違いすぎるので、同じ校正といっても別の作業のようです。

かもめ校正塾

ライツ調査

「ついで」というと語弊がありますが、校閲の仕事で図版や写真の調べと同時に著作権に関する許諾をとることを行うことが編集さんの仕事の助けになることがあります。日本語に限らず、ファクシミリやメールにてライツホルダーとやりとりをするという編集の周辺業務をお手伝いすることもできますので、お困りの編集さま、よろしければご相談ください。お問い合わせはコチラ

ライツ調査

文献調査

ライツ調査と同様に歴史物の調べ物をしていて、地方の図書館や郷土資料館とやりとりをすることが多くあります。
鴎来堂はプロフェッショナルをネットワーク化することで高いゲラの精度を維持しています。地方在住の校正者に協力してもらい現地調査をすることで、歴史物やその他の文献調査で作家さんの創作のお手伝いをしていきます。お問い合わせはコチラからどうぞ。

文献調査

データ校正

「校正」と「コンピュータ(テキストデータ)」という二つの要素はとても相性がいいのです。形態素解析により品詞の要素を取り出し、単純誤植を探し出したり、初出の語句を検索したり、索引のチェックにもテキストデータが有用です。
しかし、「校正者」と「コンピュータ」の相性がいいかというと、これは必ずそうともいえません。ええ、僕ら文系ですから。
鴎来堂では日本語を解析しテキストデータを有効に活用したり、既刊データを校正の助けにするために、「データ校正」という仕組みで校正者をサポートしています。
「組版」に「原稿整理」の要素を絡めることで、校正・校閲を時間的に助け、精度を向上させていきます。

データ校正

特殊な校正

ここでいう「特殊な校正」とは、たとえば「韓国語の書籍を読めないか」というような語学に類する校正・校閲であったり、「方言のチェック」のような地域性の高い校閲であったりします。
校正・校閲とは「まちがい」をみつける為のフローとメソッドです。鴎来堂は出版において狭くも広くもゲラをよくしていきたいと考えています。どのようなことでもご相談ください。一緒にいい本を作っていきましょう!

特殊な校正
鴎来堂ホーム